修理に出す前に自分ができる事!

まずはバックアップデータの確認をしよう

iPhone修理は、今の時代ではすぐに行ってもらうことが可能です。修理業者もたくさんいますし、その分しっかりと修理してくれる業者も探しやすいでしょう。ただ、前もって自分でできる事は、必ずやっておきたいところです。例えば、バックアップデータは絶対に取得しておくべきだといえます。バックアップデータを取得しておくことで、修理に出した後データが全て飛んでしまっても、バックアップから復旧させることができるでしょう。リスクを最小限に減らした上で修理に出すことが可能となります。また、業者にお願いする時、業者の評判を確認しておくことが大切です。それぞれの業者の口コミ情報をピックアップして比較し、1番条件が良さそうな業者に声をかけましょう。

再起動で直る場合もある

実は、iPhoneのほとんどの症状は、再起動で直ることが多いです。壊れてしまったと思っていても、実は再起動すればなんて事はなかったりするので、まずは試してみましょう。再起動するときは、ホームボタンを長押ししたり、 iPhone Xであれば横のボタンを長押ししながら、ボリュームボタンの+ボタンを同時に長押しするといったやり方になります。自分のスマートフォンが動かなくなってしまった時は焦ってしまいがちですが、できる事はまだ残されているので、まずはやれることを行うことが大事です。修理に出せば、確実にお金をとられてしまうでしょう。無駄な出費を防ぐためにも、やるべきことをしっかりとやり、それでも駄目だった場合は初めて業者に声をかけるようにします。これが基本的な流れとなるので、覚えておきたいところです。

iphoneが起動しない時には電源を繋いだままで試してみてください。バッテリーの寿命による場合は、この方法で起動することができることがあります。