正規業者に任せるメリット!

基本的に修理はアップルに任せよう

iPhoneの修理が必要になってしまったら、基本的には正規店となるアップルに修理を任せた方が無難です。確かに、他の修理業者も、iPhoneを修理する知識はあるでしょう。スマートフォンの中でも1番売れている機種ですから、当然と言えば当然です。ただ、アップルから取り寄せることになるのでどちらにしても高額ですし、何よりも時間がかかる可能性が高いといえます。それに、AppleCareに入っているなら、一定金額まで保証してくれるので、利用したほうがお得でしょう。正規店にお願いしても確かに高額な金額にはなりますが、デフォルトでパーツがあるため、修理をお願いしてから短期間で手元に戻ってきます。何よりも確実な作業してくれるので、安心できるのが大きなポイントです。

アップルならサポートも充実している

それに、iPhoneのトラブルに関しては、トラブルシューティングを承っているカスタマーサポートセンターがあります。アップルのカスタマーサポートセンターは非常に優秀で、様々な言語にも対応しているので、とても便利です。世界中どこにいても、アップルのスタッフが対応してくれますし、もちろん日本語で手助けしてくれるでしょう。基本的に、家電製品なども正規のメーカーに修理をお願いしたほうが確実ですが、これはiPhoneにも同じことが言えます。ただ、修理に出すと、修復履歴がついてしまうため、リセールバリューが下がる傾向にあるので注意です。とは言え、使えないままでは話にならないので、早めにアップルに診てもらった方が良いでしょう。

iphone6sの修理は専門店によるプロにお願いすることでできます。バッテリー交換や液晶画面の割れといった基本的なものから、電源が入らないなどの重大な故障まで対応可能です。